カウンセリングって何するの?

カウンセリングって何するの?

企業にお邪魔する中で良く聞かれる言葉があります。

「カウンセリングって何するんですか?」
「的確なアドバイスをくれるんですか?」

確かに、カウンセリングって自分でなかなか受ける機会がなかなか無いし、
実際に何をするのか、解るようで解らないですよね。

そこで今回はカウンセリングについてまとめました。

 

 

「カウンセリング」≠ お悩み相談

「カウンセリング」というとアドバイスして解決をしていく様な「お悩み相談」と思われることがあります。
カウンセリングと一口に言っても様々な技法があるので、一概には言えませんが、at easeのカウンセリングはそうではありません。

アドバイスを受けると確かにその悩みはすぐに解決できるかもしれませんが、
新しい悩みにぶつかった時に、またアドバイスをもらわないと解決できなくなってしまい
結果的に自己解決する能力は上がらないままです。

また解決へのアドバイスをすると個人の価値観を一方的に押し付けてしまうところが
少なからずあるので、かえって相談者を追い詰めてしまうこともあり得ます。

 

徹底的に話を聴いて、モヤモヤを整理

at easeのカウンセリングでは「来談者中心療法」という方法を用いています。

相談者に指示したりせず、話を聴かせていただき、起きている事柄や感情を一緒に理解していきます。

先ほど述べた様に、すぐに解決を目指すのではなく、お話をしてもらうことで自己探求を促し、自ら決断していくことに重きを置いています。そのことで問題解決する能力が身についていきます。

話すことで自分自身を見つめ直すきっかけに

日常的に行われるお悩み相談ではせっかく勇気を出して悩みを話していても、アドバイスが入ったり、本質的では無い話題に逸れてしまい、なかなか自己探求できないと思います。

 トレーニングを積んだカウンセラーに心に浮かんだことを話していく事で、今まで意識していなかった自分に気づいたり、自分自身を受け止めていくことに繋がります。

 また、話を受け止められることで、心の中に溜めていたストレスを吐き出してスッキリすることができます。

この様にカウンセリングは決して敷居が高いものでは無いので、気軽に受けてみてはいかがでしょうか?