今更だけど、ストレスチェックって何?

今更だけど、ストレスチェックって何?

2015年12月から50人以上の従業員を抱える事業所で実施が義務づけられています。
その為、聞いたことがある方や、実際に受けられた方も多いのではないでしょうか?

なぜ、行うの?

ストレスチェックは定期的に心理状況を点検し、結果をお知らせする事で、自分のストレスについて気づいてもらい、メンタル不調を予防する為に行います。

 

いつ、行うの?

必ずこの時期に行わなくてはいけない!という規定はありませんが、
従業員を50名以上抱える職場は一年に一度のチェックが義務付けられています。

どのように行うの?

方法は大きく分けて、2つあります。

①質問票を労働者に配って記入してもらう
②ITシステムを利用する

①の質問票に関しては以下の項目が入っていれば、
どのような形式でも問題無いようです

▼ステレスチェック必須項目
a.ストレスの原因に関する質問項目
b.ストレスによる心身の自覚症状に関する質問項目
c.労働者に対する周囲のサポートに関する質問項目

とはいえ、どういったものを用意すれば良いのか解らない場合は
>>国が推奨する57項目の質問票

というものがありますのでご参考にしていただければと思います。

②ITのシステムを利用する

ITのシステムを使い、より簡単にチェックする事も可能です。
様々なシステムがリリースされていますが、
厚生労働省からもストレスチェックプログラムが無料配布されていますので、
ぜひダウンロードされてはいかがでしょうか?

>>「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」

 

<参考>ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策等 厚生労働省 職業性ストレス簡易調査票 厚生労働省版ストレスチェック実施プログラムダウンロードサイト

まとめ

ストレスチェックは話題になってはいるものの、受けた方も、実施した方も
実はどのようなものかよく解らない。という事が多いと思います。

義務化されてから3年目に突入し、これからどのように活用していくかが、職場の環境改善の鍵を握っていると思います。

受ける側も、実施する側も理解を深めて、効果的に活用したいですね。